Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
昨日の獲物
つわりの間、生臭いものが全くダメとなった私。
魚(海)の臭いを嗅ぐだけでノックダウン。


で、KAZUは大好きな魚釣りにも行かずNORIの相手に集中し、3ヶ月。。。


まだまだ、トラバリのような臭いの強い魚は苦手だけれど
ここ1ヶ月、鯛のような淡白な魚と海の臭いはなんとかクリア。


で、羽の生えたように時間があれば釣りに行くKAZU。
もちろん、時間が合えば私も出陣。
(私は椅子持って、ちょっと釣りして、お昼寝コース。)


でも、最近、釣れないのよね~


なんでだろ。


近頃、KAZUのターゲットはキングフィッシュ。
仕掛けを工夫し、キングフィッシュが目撃された釣り場へ通う。
先々週もその漁場へ。
隣で釣りしてた中国人のオジサンがなんとキングフィッシュをGET。
で、測りもしないで「アンダーサイズ」といってリリース。
結構な大きさだったから、もしかしたらサイズだったかもって皆言ってたけどなぁ~。
ちなみにキングフィッシュのリーガルサイズは75cm。


その後も、キングフィッシュ目撃情報が。。。


で、昨日、仕事がオフだったKAZUはスティーブと一緒に例の場所へ。
「キングフィッシュ釣りに行って来る!」と言って出発したけど。。。

期待しないで待つ事とする。


スティーブと彼女のアマンダはベジタリアン。
彼らが我が家に来る時は、肉無し料理を準備して待つ。
昨日は、職場からエクセサイズを兼ねてウォーキングしてきた私。
ちょっと「お疲れモード」で料理はタラタラ。のんびり。

「後15分で着くよ!」のメッセージに
急いでご飯を炊き、冷蔵庫の食材をあさる。。。


15分後、目にした物は。。。
Shark.jpg




ははは。


さめ。サメ。Shark。


で、そのShark。こんな風にされちゃって
Shark_guts.jpg

サメには固い骨がなくて軟骨と筋肉。
さばいていても何か変な感じだったらしい。
そして、サメ肌。


最後には、こんな風になっちゃいました。
Shark_food.jpg



NZではフィッシュ&チップスに使われる事もあるサメ。
知人に聞くとKAZUが釣ったのは
おそらくスクールシャークの若い子らしい。


サメ独特の臭い(おそらくアンモニア臭)がクーラーボックスに漂ってたらしいけど
お肉は美味しかったよ~。


低脂肪、低カロリー、高タンパク。
さっぱりした淡白なお肉はつわり明けの私にはGOOD。
幼魚だし、フカヒレじゃないから重金属の心配はないらしいが
体重も気にしている私は食べ過ぎないように注意しひとかけだけ。



そして、KAZUは今日も漁場へ向かう。。。

【2007/04/04 10:24】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(1) |
報告
2006年12月18日(月曜日)



12月13日に3日以内にメールで結果の連絡くれると言っていたのに。。。

3日目の金曜日、Citymedからは何の音沙汰もなし。
4日目の土曜日も音沙汰なし。
その間、2回メールしたけど返事なし。
で、土曜日の13:06に電話したら
「営業時間は13:00までだから」と月曜日まで待つよう言われる。

「ご自分達は連絡するといって、連絡をくれないで、ちゃんと仕事してないのに、時間きっかりに仕事はやめるのね!」ってちょっとご立腹の私。

早く実家に連絡したいので指折り数えてこの日を待ってたのに。。。

「めげるなNORI!これが、NZスタイル。」と自分を励まし、月曜日まで待つ事とする。



で、月曜日。


しかも早朝。


Citymedのラボから電話あり。


血液検査の結果は「陽性」
感染症もなく、その他の血液データも正常とのこと。


またも、NORIに不敵な笑みが。。。

フフフ。

KAZUを叩き起こし、私が実家に電話すると宣言。
(おいしいとこ取りの私。)


まず、KAZUの両親から。


NORI:「もしもし、お母さん?おばあちゃんになるんだって?」

おそらく、KAZU兄夫婦の妊娠報告を受けていたであろうKAZU母。
私がKAZU兄夫婦の妊娠を知って落ち込みながら電話をしてきた思ったのか
ちょっと返答にためらいが感じられた。

NORI:「一度に二人も孫ができるなんて凄いね!」
KAZU母:「・・・」

KAZU母:「二人?」
NORI:「そう。二人。NZと東京。」
KAZU母:「きゃーーーーーーー。お父さん、お父さん、大変!!!」

この瞬間を待ってましたーーーーーーーーーーーーー!
本当に受話器落としそうな勢いで喜んでくれた。

それからは、大騒ぎです。



次ぎは、NORI父。

NORI:「父さん、孫1人増えるんだって?」
NORI父:「???」

全く予想外の会話にNORI父反応できず。

NORI:「だから~、NZにもう1人孫ができるんだって。」
NORI父:「あ。。。あぁ。え?あ~、おめでとう。」

ようやく話しが飲み込めた父。
喜びがフツフツと湧き上がって来たのか声が明るくなる。
で、
NORI父:「母さん、母さん。NORIのところに子供ができたって!」

で、盛り上がる。


おいしいとこ取りでKAZUには悪かったなぁ~と思ったりしたけど
私、どーしても、この電話をしたかったのよね~。


ふふふ。


あー、満足。
【2007/04/02 10:33】 | 妊娠・出産・子育て | トラックバック(0) | コメント(1) |
いざ病院へ!
2006年12月13日


CITYMED
Ground Level Quay West Bldg, 8 Albert Street, City, Auckland 1001,
Ph: (09) 377-5525

ここのスタッフが感じが良く親切だったとの事で
女性の先生を指名し受診してきました。


やったのは尿検査。
「市販の検査薬とどう違うの?」と聞くと
「基本的に同じ。」と言われた。。。
そんなもんか。
で、弱いながらも尿検査でポジティブ。


次に、出産予定日を算出し、血圧、身長、体重を測定。
体重は12kgまで増えて良いって言われたけど大丈夫かな???
日本の基準を調べたら、私の身長と体重ではプラス8kgまでだったけど。。。
NZって体格の良い人多いからな~。
それを基準にしてるんだったらチビの私には12kgは多いかも。


で、ニュージーランドのマタニティーケアの仕組みを説明される。

まず、妊娠、出産、産後のケアを中心になってやってくれる
Lead Maternity Carer(LMC)というのを決めないといけないらしい。
LMCはMidwife(助産婦)、開業医、産婦人科医、病院のマタニティーサービスなどだそうな。
(全くそれぞれの利点、欠点が分からないのでかなりの難問!)

で、

どこで(病院、助産院、自宅など)
どんな風に(通常の分娩台、水中出産など)
出産したいかも決めるように言われたけど。。。

とにかく何から決めていいのか分からない。

そう先生に言うと
「じゃ、どこで出産したいかまず決めて!病院で産みたいなら病院のMidwifeを、自宅で産みたいならそれを中心にやっているMidwifeを紹介してあげるから。」って。


とりあえず、「どこで」を決める事とする。
が、即決できず後日連絡する事となる。


で、「Pregnancy Information Pack」なる物をもらった。
         ↓
Bounty_red

Bounty_information_pack

The Bounty Pregnancy Information Pack contains 'Your Pregnancy' publication and local maternity and hospital service information, including other product samples and leaflets. This pack is distributed by Lead Maternity Caregivers through antenatal clinics, general and obstetric practices, independent midwives and antenatal educators.

これは、妊娠が分かった時にもらえる情報パックらしい。
妊娠に関する様々なパンフレットとチラシ、サンプルなどがぎっしり。
妊娠経過を記載した小冊子には1週間ごとの体の変化や胎児の状態や注意事項が。。。
安全な食事の摂取についての小冊子。
アルコールやタバコの弊害の情報シート。
etc.

あ~ぁ~。全部英語。。。

大変だ。。。


で、一応、尿検査で陽性がでてるけど
血液検査の方が確実なので採血してから帰るように言われる。
(採血してくれたおばちゃん、手がプルプル震えてて注射針が体の中でブルブル振動し超痛かった。。。NZではどんな資格を持った人が採血できるんだろ。疑問。。。)

あと、11~14週にエコーを受けるようにも言われた。
赤ちゃんの首の後ろの肥厚をチェックするとダウン症の確率が出るんだそうだ。
確率ねぇ~。


それから、妊婦用総合ビタミン・ミネラル剤が処方された。

      それがこれ。
         ↓
Elevit_front.jpg

細胞分裂が活発な胎児期に葉酸が不足すると
無脳症や神経管閉鎖障害などのリスクが高くなるとか。
で、この錠剤の葉酸含有量は800μg。

Elevit_back.jpg

1日1錠。
1箱100錠で約100ドル(8000円ちょっと)。

高っ!


でも、赤ちゃんのためなら、なんのその!



それにしても、日本の産婦人科を受診するイメージで行ったけど。。。

内診なし。
エコーによる胎嚢の確認なし。
子宮がんや筋腫などのチェックもなし。
尿検査をしたと言っても妊娠チェックだけで尿タンパク、尿糖のチェックもなし。


そんなもんなのねぇ~。
なんか拍子抜け。


っていうか、本当に妊娠してるんだか、まだ疑問。。。



ところで、「Bounty」とはなんぞや???

で、ホームページhttp://www.bounty.co.nz/index.htmlを訪ねてみると
「Bounty is market leader in producing the latest information for expectant parents, new parents and their families. 」
とある。
が、結局、何なのか分からない。。。
「market leader」って言われてもねぇ~。


まだまだ、疑問だらけ。
特にNZのマタニティーケアを理解してないから不安。


これから、どーなることやら。
【2007/03/29 18:24】 | 妊娠・出産・子育て | トラックバック(1) | コメント(4) |
初孫競争の軍配は?
2006年12月11日


ジャジャーン。


第3回目の検査結果です。
今回は前回と別のキットを使用。
      ↓
testkit2


ふふふっ。

ポジティブ。


ここ数日、異様に眠い。
気分も良くない。


もしかして、これがつわりと言うヤツか???


勝った。。。

不適な笑みがNORIの顔に浮かんだ。

きっと、「つわり」に違いない!


初孫の座は頂きだぜ!



そんな時、KAZUが衝撃の一言

「兄貴からメールあったよ。赤ちゃんできたって。7週目らしいよ。」

って。。。


ガーン。ガーン。ガーーーーーン。


ま・け・た。。。


こっちは、まだ4週。
新婚ラブラブ夫婦の脅威!
恐るべしKAZU兄夫婦。

まぁ、おめでたい事だし。。。

凄く嬉しいとは思うものの
やっぱり、ちょっと切ない複雑な乙女心。。。


あ~ぁ。
一番にKAZUのお母さん、お父さんに知らせたかったのに。。。

初孫。。。

KAZU兄の報告をKAZUのお母さん受話器落として大喜びしたんだろうなぁ~。

その役は私だったはずなのに~。

なんてブルーになっちゃったりして。


まぁ、病院できちんと調べてもらうまでは
下手な事言えないので私達の報告はもうちょっと後になるけど。。。



今日は、スティーブとチャーリーがタコを釣ったらしく
22:00ぐらいにタコ持って来てくれました。
が、なんだかだるく私は部屋で横になっていました。


むむむむむむむむむむむ。


何だか、やっぱり、調子悪いぞ!
【2007/03/02 12:00】 | 妊娠・出産・子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
妊娠発覚!!! in NZ
(おそらく、安定期に入ってからのUPとなるのでタイムリーじゃないと思うけど・・・)


2006年12月9日


でました陽性反応!!!


最近、めまい、疲労が激しくひっくり返る事もしばしば。
階段登っただけでも「はぁ~。疲れた~。」が口癖のよう。
しかも、イライラするし、胸やけするし。。。
異常に喉が渇くし、水分を取るからかトイレの回数も半端じゃない!


何か調子悪いぞ~!


NZに来て日本では得られなかった精神的・時間的余裕のある生活
を送れるようになったけど
永住権がないと何をするにもお金がかかる。
もちろん、妊娠・出産のケアも。
(税金は払っててもね!)
永住権があれば無料なんだけどね。基本的に。

で、待望の永住権が9月に取れ私達の子作りを妨げるものはなくなり・・・


もしや・・・

もしや・・・

もしや・・・


今日、12月9日は永住権でお世話になった人を招いてパーティー。


その前に。。。

チェックしましたよ。妊娠検査薬で。

使ったのはこれ↓
testkit_box



で、結果は。
testkit_result


計算するとたった4週。
だから反応が弱いけど。

ちょっと信じられなかったのでKAZUが帰ってきてからもう一回。

やっぱりポジティブ。


ヤッホー!!!

ワーイ!!!

まじー???



結婚して5年。

子供は欲しいねとは言いつつ、
日本でのあまりの忙しさに(特にKAZU)
子供を責任を持って育てれる環境になかった私達。

KAZUの両親は結納した時点で実家にブランコ作っちゃったぐらい
初孫を待ってたからねぇ。
早く喜ばせてあげたかったけど5年も待たせちゃった。
陽性反応が出た時は
KAZUの親に電話した時の両親の反応を想像して興奮。

この日を待ってました!!!

「おじいちゃん?おばあちゃん?」と電話で伝えたくて伝えたくて。

5年。

きっと会話にもならないんだろうな~。
受話器落としちゃったりして。。。
なんて、想像しちゃった。


NORIの両親は孫がすでに4人。
もちろん、私達に子供ができることを心待ちにしてはいたと思う。
けど、口には出さず、これも待つだけの日々。。。
(この娘に何を言っても、自分が納得しなければ無理な娘と悟っていたかも。。。)



2006年10月にKAZUのお兄さんが結婚。


突如、勃発した初孫競争!


新婚ラブラブの兄夫婦に軍配が上がるか?

それとも、厄払い後、永住権も取れ運気急上昇のNORI夫婦に軍配が上がるか?



「でも、待てよ。これで、間違いだったらシャレにならない。。。」

で、友人が「別の検査薬でもチェックした方が良いよ」と
アドバイスくれたので数日おいて別の検査薬を試すこととする。


結果は後日。
【2007/03/01 11:08】 | 妊娠・出産・子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。