Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
日本製品の功罪
ニュージーランド(オークランド)の冬は寒いと思う。

秋田の雪深い町で生まれ育ち
北海道(札幌)で学生生活を謳歌し
結婚してからは眉毛も凍る帯広で生活していたが。。。


オークランドは凄く寒く感じる。


隙間風の入る秋田の実家は相当寒かった気はするが
「こたつ」という強い見方に助けられ
スクスクと育ってきた。
大雪も子供の私には「遊び道具」でしかなく
「厳しい冬」を忌む気持ちなどなかった。

北海道の冬は快適。
一歩外に出ると雪と冷たい風に曝されるが
秋田でもっと寒い冬を経験していたため「へっちゃら」。
そして、何より家の造りが良い。
本州と違って「梅雨」の無い北海道は
気密性の高い構造の家が多い。
断熱もバッチリ。
冬は少し暖房を付け家の中では半袖という生活が送れる。

オークランドは。。。
気温も秋田や北海道ほど下がらないし、雪も降らない。
でも、寒い。
オークランドには古い家が多い。
その古さと共に価値の下がる日本とは違って
古い家を綺麗に保ち、改築し、大切に住み続けるNZ人。
古い家はいわゆる「洋風」で可愛い。
作りもしっかりしている。
「これが築50年?」と思うぐらい「歪み」も少ない。

が、寒い。。。

今まで5軒の「古い家」を渡り歩いた私達。
どれもこれも寒い。

まず、「断熱」。
さずがに何十年前の家には「近代的な断熱材」は入っていない。

次ぎは「窓」
窓は基本的に「押し窓」。
2重サッシなんて付けられない。
(もちろん網戸もない。。。)

で、天井。
高過ぎる。。。
暖房を付けても暖かい空気は私の頭上に。
暖房の恩恵を受けることのできないこの体。ちっ。

で、電気代。
高い。特に「回る物」は電気を食うらしい。
で、せっかく買ったのに
そ小さな温風器を部屋で使うわけにはいかない。
(今はガスストーブを使っているが。。。)

さらに、布団。
こっちで買った綿布団は「温かくな~い!」
すぐ綿がよれる。


解決策。


自分でできて、経済的な方法。


「羽毛布団を日本から持って来る!」


その、使命を受けたNORIは。。。
圧縮して体積を減らせど6kgにもなるクイーンサイズの羽毛布団を
8月に帰省した折、遙々日本より持って帰りました~。

結婚の際、NORIの両親が準備してくれた物の1つ。

「寒いの大嫌い。」
だの
「NORIは寝相が悪いから大きいの。」
だの
「KAZUは身長が高いから、足が出ないサイズ。」
だの
「羽毛。」
だの
「布団カバーは明るいクリーム色。」
だの。。。

要求の多い私のために両親が準備してくれた
ありがた~い代物なのです。


で、NZの快適ライフをこの羽毛布団と共に再開したのですが。。。


あったか~い!


柔らか~い!


気持ちい~い!


で、私もKAZUも布団から出られなくなってしまいました。
もちろん、春めいてきたということもありますが
ガスストーブを使う事もなくなり
布団の中で「ぬくぬく」しております。

休みの日には日が高くなっても出たくない。
KAZUと話をするにも本を読むにも布団の中にいたい。

しかも、最近、浅田次郎の「蒼穹の昴」という
中国の歴史ものを読んでいてこれが面白い。
西太后の時代の。
読み始めたら止まらない。
(中国人の友人と「西太后の印象」が日本人と中国人でどう違うか
を話すのも面白いし。。。)
で、帰宅ご夕食を食べ「布団の中」へ。
朝は7時前から布団の中で読書。


それにしても「日本製品は素晴らしい!」


そして、私は「怠惰」になって行く。。。


※ ちなみに今日のブログの書き出しのあたりは
  現在はまりにはまっている浅田次郎の本の影響か
  固い日本語となってしまった。。。
  私も作家の才あるか???

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/09/07 11:13】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |
乙女の苦悩
1週間前、帰国を目前に控えたNORIのその心境は


ど~しよう。。。


というのも、NZに来て私は変わってしまったから。。。

続きを読む
【2006/08/08 10:14】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(1) |
日本帰国
はい、ブログの更新をサボっていたNORIです。

実は、



日本に2週間帰る事にしました~。



十何年ぶりに中学の同級生が集まる「厄払いの式典」があるのです。
私の地元は中学校が町に1校しかないという小さな町で
(今は合併で少し大きくなったとか。。。)
で、女性の32歳の厄年の時に
なぜか成人式みたいに同級生が一同に集まるのです。
アットホームというかなんというか。
ほとんど顔見知り。

が、こういう機会は地元を離れた人間にとっては
懐かし~い旧友達と「酒」が飲めるありがた~い機会なのです。
(酒かよ。。。)

「この機会を逃すと一生会えないだろうな」と思ったり
「みんな三十路になっても変わってないかな。。。」なんて思ったり
100人以上集まるって聞くと
「おぉぉっ。100人以上の友達に会える!」なんて思ったり。


で、はるばる参加することにしました ニュージーランド から!


せっかくなので、KAZUの実家にも顔を出し
せっかくなので、自分の実家にも顔を出し
せっかくなので、KAZUのお兄さんにあげる物を整理したり
せっかくなので、愛用の羽根布団をNZに持ち込もうともくろみ
せっかくなので、弓道の道具も持って帰ってきたりして
せっかくなので、KAZUの釣り竿も
せっかくなので、サルサの靴や洋服も購入したいし
せっかくなので、取れた銀歯を治そうかななんて思ったり
せっかくなので、
  ・
  ・
  ・

全部できるか分からないけど。。。

とにかく、忙しい2週間になりそうです。



それにしても、「そんなんでなんで日本に帰るの?」とお思いの方
理由は2つ。

その1:地元の友達を大切にしたいから。
→地元の友達大好きなくせに、まめに連絡を取らない不届き者の私。  こんなイベントがあるから、このデカイ腰が上がる。

その2: 無料国際航空券 があるから。
→貯めましたよコツコツと。マイレージをね。
 大きな支払いとかはカードでするとか工夫して。
 で、日本の私の銀行口座の残高は減るばかり。。。
 そろそろこの手も限界か。。。


で、7月末に会社から「休暇」が認められ
締め切り過ぎてるのに「厄払い」の参加認めてもらったり
飛行機のチケットを取ったり
(これが大変だった。忘れてましたよ、日本はお盆なのね。。。)
地元の友人に「私と遊んでくれ!」とお願いしたり

最初希望していた便がことごとく「満席」で
半ベソかいていましたが
色々調べたり問合せをしている間に
「日本国内の2区間が無料航空券の範囲で乗れる」ということも判明し
最終的に「one of the best」の行程に落ち着いたのではないだろうか?


オークランド → 成田 → 中部国際空港 →
KAZU実家滞在 → 小牧空港 → 秋田空港 → 
NORI実家滞在 → 秋田空港 → 関空 → オークランド


と、なりました。
なんとか、全てをやり尽くして来たいと思います。



※ KAZUはこの道のプロだったので、いつも、この手のことはKAZUに任せっきり。今回、自分で手配してみて、「どこが近い」「どこが安い」「どれが早い」色々考えることがありすぎて、頭の中を整理するのに一苦労。「KAZUに感謝しなくては!」と思った次第です。

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/08/04 10:13】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(5) |
釣りバカ日誌-KAZUの巻き-
KAZU、「釣りバカ日誌」でハマちゃんの弟子で出演決定!

なわけないか。。。

でも、それぐらいの勢いで「釣りバカ」です。

シフトワークで勤務の時間帯がコロコロ変わるKAZUですが
最近はナイトのスタッフが休暇を取っていることもあり「夜勤」が多い。
昨日も夜勤。今日も夜勤。

昨日:夜勤に行く前の数時間(夕方)、イカ釣り。イカ2ハイGET。
今日:仕事が終了した後(朝の8時ぐらい)、友人と職場から海へ直行。収穫「ゼロ」。

今日の帰宅は午後の2時過ぎ。
3時間ほど仮眠を取り、友人宅へ家具を見に行き
再度1時間半の仮眠を取り、今晩も10pmに出勤。

「君、睡眠不足でフラフラしてるんですけど。。。大丈夫?」

今日は仕事の前にちょっとサルサを踊りに行く予定でしたが
「KAZU生存の危機!」
睡眠確保のため外出中止。

昨日はイカが釣れフラットメイトと刺身を堪能したもよう。
今日は波が荒く全身ずぶ濡れになってしまったとか。。。
それでも、金曜日にまた職場の同僚と釣りに行くらしい。
で、わたくしにまで「NORI土曜日一緒に釣り行かない?」って。。。


2004年10月、私の両親がNZに来た時
ボートをチャーターして海釣りをしました。
この時はこんなの釣りました。
鯛(過去の栄光1)

父とKAZUは結構大きいのを釣ったんだよね。この時。
どれぐらい大きいかというと
鯛(過去の栄光2)

日本では相当大きな方に入ると思うけど
NZではもっと大きいのがジャンジャン釣れる。

磯釣りだとこれぐらいのサイズが限界かな。
でも、海に出るともっともっと大きいのが釣れる。
ボートで海に出た時、釣れるかどうかは「スキッパー(船頭)」次第。
フィッシングトリップを行っている大抵のボートは
魚群探知機が装備されているけど、それだけじゃダメで
スキッパーの知識、経験で「釣れる場所」を見つけるんだって。

ちなみに、我が家では鯵(アジ)は食用です。
KAZUが一夜干しを作ってくれるんだよね~。
KIWIにとってはアジは釣りの餌なんだそうだ。
サヨリも。

それにしても、白身魚食べたい。。。

テーマ:磯釣り - ジャンル:趣味・実用

【2006/07/26 21:20】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(2) |
汚名返上:KAZU編
あまりにKAZUの不良ならぬ不漁振りが強調されている今日この頃。

KAZUが「汚名返上だ~!」とうるさいので
こんな写真をUPしてみました。


7月12日。

また、同僚のスティーブと釣りに行ったKAZU。

同僚のチャーリーにArmy Bayが良いと言われ
取り合えず行ってみたらしい。

行ってみて

???

Army Bayと言っても広い。。。
初心者のKAZUとスティーブには
Army Bayのどこが良いポイントか全く分からず
取り合えず釣り始めてみるも
大量の海草どもがKAZUとスティーブの釣り糸に絡まる始末。

魚ではなく海草どもに
針をはじめとする釣の様々な「仕掛け」を奪われ
すごすご退散。。。


でも、これでメゲル彼らではなかった!

気合を入れなおしGulf Harborへ移動。

「今度こそは!」と第2戦突入!!!







ついにやりました!!!

Snapper1


KAZU2匹、スティーブが1匹の鯛をGET!

鯛に関しては「Kindergarden Teacher(幼稚園の先生)」の異名を持つKAZU。
釣っても釣ってもアンダーサイズ。。。
チビばっかり釣るのでこんなあだ名。
リリースして海に返したチビどもは数知れず。

でも、今回はGOODなサイズ。


つ、つ、ついにKAZUが釣った「白身の魚」が食べれる~。

妻、NORI、涙。。。



で、こんな風に料理してみました。

Snapper2

作り方は簡単。

マスタードをスプーン1杯ぐらいお腹の内側に塗る。
鯛の両面に塩を適量ふる
チリ・ガーリックソースを鯛の両面に塗りホイルの上にのせる
オリーブオイルと醤油を適量かける
ホイルにくるんでオーブンで200度で20分ぐらい焼く。

ん~。おいしいっ。

このレシピをテレビで見てから試してみたくてウズウズしてたんだけど
うちの相方のターゲットがここしばらく「イカ」だったもので
なかなか試してみる機会がなかったのよね~。

待ちに待ったこの日。
風邪の喉の痛みなんかどこかへ飛んでいってしまいましたよ。ホントに。

次回も「白身魚」よろしくね~。

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/07/15 13:32】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。