Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
いつかは
mixiを始めてから放っておいたブログ再開。

ということで、2009年6月26日。



ミッドワイフになりたいなぁ。


病棟薬剤師をしていた時は、担当していた病棟にがんの患者さんも多く、元気に退院される方もいたけど、つらい抗がん剤の治療に耐える姿、人生の幕を病院で下ろす方、人工肛門による皮膚トラブルに悩む患者さん、手術で視力を失ってしまった患者さんなどを多く見てきた。


人生で「産まれる瞬間」と「死ぬ瞬間」は最高の時であるべきという思いがある。


亡くなった患者さんの死の時が少しでも良いものになるよう何かできたのかは分からない。
看護師さんほど深く薬剤師は患者さんに関わることはできないし。
でも、常に患者さんの側にいたいと、できる限り病棟にいるようにしていた。
なるべく薬剤師が病棟で様々な業務ができるよう、電子カルテ導入時に、薬剤師の記録も電子化し、ドクターのカルテ、看護師の記録と連動させ、院内どこでも仕事ができるよう、誰でも薬剤師記録にアクセスできるようにした。
がん患者さんの疼痛管理には力を注いだ。
痛みを上手くコントロールし、なるべく長く楽しい時間を過ごせるように。


いまでも思う。
元気に退院できればそれにこしたことはない。
けれど、もし、それがかなわないならば、残された時間をなるべく良いものにしてあげたい。。。


看護師・薬剤師・医師は、まず患者さんと「痛み・苦しみ」を共有することから始まる。
病気自体を喜ぶ人はいないから。



娘を出産したとき、初めて「誕生の瞬間」の素晴らしさを知った。
それまで「死の瞬間」について考えることは多かったけど、「誕生の瞬間」については漠然とした考えしかなかった。
一般的な知識として「感動的な瞬間」であることは知っていたけど、それがどの程度のものなのか。
自分が経験してみて初めてその素晴らしさを実感した。


そして、「誕生の瞬間」を共有することも素晴らしい事だなぁと思った。
まれに不幸なケースがあることは分かってはいるが、多くの場合は、喜びを共有できる。


それに、NZで出産する日本人の方が結構多い。
自分も妊娠したとき、右も左も分からないうえに、日本の妊娠本はこっちでは通用しないことも多く戸惑ったのを覚えている。
そんな戸惑いを抱えた妊婦さんの力になりたいと思うようになった。


ミッドワイフのコースは臨床実習がオンコール。
NZに家族もいない私たち。
呼び出された時に姫の面倒を見てくれる人がいない。
旦那は海外へ行って家を空けることが多いので当てにできないし。
姫はまだ2歳にすらなっていない。
一人家に置いて行く訳にはいかない。


家族を犠牲にしてまで自分のやりたいことを通そうとは思わない。
だから、もし、私にそのチャンスが来たらで良い。
いつかミッドワイフにチャレンジしてみたい。

スポンサーサイト
【2010/04/10 01:32】 | NZの医療 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2009年7月28日 | ホーム | 医療>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norinosteps.blog60.fc2.com/tb.php/69-30a2a6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。