Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
偉大な人物の死
もう、皆さんご存じでしょう。

あの、マイケル・ジャクソンが亡くなりました。

(最初の)大学生の時、マイケルに目覚めて以来、彼の作り出す音楽の素晴らしさに魅了されてきた。

NZに来て、前ほど「音楽」や「芸能」に熱くなることはなくなったけど、それでも、やはり今回のマイケルの死は悲しいニュースです。


彼はまさに「King of Pops」。

そして、メッセージ性のある歌を数多く世に送り出してきた。

世界の子供たちを救う活動にも積極的で。


なぜ、偉大な人物は生前、その偉大さを正しく評価されず、必要以上のゴシップを書き立てられ、亡くなってから表彰されたりするのか。。。

なぜ、人は、偉大な人物を生きているうちに、幸せにしてあげるようなことができないのか。。。

彼らが社会にどれほど大きな貢献をしてきたことか。

人一倍、幸せになるべき権利があるというか、なって欲しいと思うのに。

偉大な人物が亡くなると、いつも、こう思う。


マイケルも相当なゴシップが流れた。
パパラッチが必要以上に彼を追いかけ、あること無いこと書いてきた。
彼らは嘘を書いても、何も謝罪もなく、ターゲットの生活を脅かし侵食するだけして知らんぷり。
マイケルがTVや自分のPVとかで「放っておいて欲しい。」と訴えているのに。
彼のオフィシャルなメッセージだけでは満足しない人たちのために、どれだけ彼の生活が脅かされたことか。
全く、私には想像が付かない。


凡人の私には彼の生活、苦悩は分からない。
でも、「自分は子供らしい子供時代もなく、普通の喜び、楽しみを経験することができなかった。」という彼のコメントからだけでも、「あぁ、この人には人一倍幸せになって欲しい。」と思った。
多くの人たちに喜びや感動を与え、多くの子供たちを救ってきた代償に、彼は自分の大切な物を失ってきたんだろうなぁ。


本当に悲しいなぁ~。。。
スポンサーサイト
【2009/06/28 12:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<医療 | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norinosteps.blog60.fc2.com/tb.php/67-31b7fb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。