Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
5本の指に入る女
同期会で懐かしい友人と会い話した内容は。。。


政治でもなく経済についてでもなく
もっと身近で面白い話ざんす。


お題その1. 「中学校の時に誰好きだった子」

   来た~。 来た~。 来た~!

この手の話題は、やっぱり旧友としかできないでしょ。
NZで「私、中学の時トッチの兄さんに憧れててさ~。」って話しても
誰も分かってくれないだろうし。
といっても「トッチの兄さんブーム」以外にも色んな人がブームだったけど。。。
(中学生だし。。。)


で、1人の同級生(もちろん性別:男)から

なんと!


「お前だよ!」


と予想もしてなかった人から予想もしてなかった回答が!


わ・た・し???


ここで、「そんな~。また、冗談ばっかり言って!」とか
恥じらいがあろうもんなら可愛げもあるが
「マジ???あたし、中学の時からそんないい女だったんだ?」
「そうそう私みたいな良い女いないよ!」とか言って
高ピーな態度!!!
(まぁ、私がいい女である根拠は全く見当たらないが。。。)

はぁ~。
NZに来てから英語がネックで
「デカイ態度」と「マシンガントーク」は封印されていたのに。
「地」って恐ろしい。。。

で、この私の態度を見た友人に
「それでこそNORIだ!」「NORIはそうこないと!」とか言われ
「私ってどんな中学生だったんだ。。。」と肩を落とし考えると

やっぱり、「デカイ態度」「意地っ張り」「じゃじゃ馬」etc.

しょうがないか。。。


で、同じ質問をもう1人(性別:男)にすると
「5人挙げろと言われれば、NORIは5本の指に入るかな。」って。


「おーぃ。指、5本も必要なのかよ!」

微妙だなぁ。指5本か。。。
これって、1番ではないことを意味することだけは確かよね。

さすがに、「で、実際は何番?」とも聞けず
「ホーッ、ホーッ、ホッ。やっぱり私って凄いわね。5本の指に入るなんて!」(白鳥麗子風)
とも言えず。
自分の名前が出てこなかったら
「何で私って言わないんだよ!」とか突っ込みもできるのに。。。


ビミョー。


5本の指って。


ツッコミ担当の私としては非常にやりにくい回答。。。
彼の方が一枚も二枚もうわてという事だな。


こんな、くだらない会話を延々何時間もしてたけど
これが面白いのよね。

っていうか、英語でこんな会話はできんし
ツッコミなんてもってのほか。
頭の中では色んなツッコミが「日本語」で浮かぶのに
英語での表現の仕方が分からないところが辛いぜ!


まぁ、中学の思い出は色々あって
全てが良いネタになる私の悪行の数々。
また、次の厄払いまでお預けか???


旦那だけには「指1本で十分」と言われるよう、しっかり頑張らんと!!!
スポンサーサイト

テーマ:+秋田県+ - ジャンル:地域情報

【2006/08/28 10:15】 | 日本ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<厄祓いの効果?(永住権編) | ホーム | 33歳厄払いの同期会>>
コメント
まーあ、なんか私の親戚らしいわ。この内容!
まあ、私はもっとおしとやかだけどね・・・☆
それにしても、すごい同窓会だね!
うちもやらんとな・・・なんか先生にまで年賀状に「そろそろみんなに会いたいですね」(いつも「元気か?」だけなのに!)とかかれて、久しぶりの同級生からも3人ぐらいから催促の電話がかかってきて・・・やっぱ、私がやんのか!みたいな。やるっすよ。32歳厄除けまでにがんばるっす!!
【2006/08/28 15:02】 URL | かねとも #W6545ECQ[ 編集]
To : かねもと さま

めっそうもございません!
私なんて、かねもと様の足元にも及びませんわ。
厄年はお気をつけ下さいませ。油断していると「あれ~ぇ」っというような事が起きてしまいますわよ。「お祓い」と「お守り」、結構効果あると実感しておりますわ。わたくし。

ホーホッホッ。
【2006/09/06 09:50】 URL | NORI #sEzhmgRA[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norinosteps.blog60.fc2.com/tb.php/48-941917a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。