Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
国際カップルから学ぶこと
ニュージーランド在住というだけあって
「国籍を超えてお付き合いしているカップル」
と知り合う機会があります。

そんな、彼らを見ていると
仲良く、良い関係が築けるかどうかは
「日本人同士だから」とか
「日本人と外国の方のカップルだから」とか
が問題ではないような気がするなぁ。

共通の価値観や常識を持つ日本人同士でもうまくいかないこともある。
文化の全く違う人同士が仲良く一生を添い遂げることもある。

なぜ?

日本人と外国人のカップルを見ていて
大事なことに気が付いた。
私が出会った仲の良い国際カップル全てに共通すること。
結構、忘れがちなことだけどとても大事なこと。


国際カップルはお互い母国語が異なる。
で、仲の良い国際カップルはこうしています。

・相手の話すことにじっくり耳を傾け、決して話の腰を折らない。
つまり、お互いの母国語が異なることを念頭に置き、
相手の言いたいことをまず理解しようとする。

・大事なことから話す。
伝えたくても言葉にならないことっていっぱいあると思うけど
例えば「Thank you!」や「I am sorry.」はみんな言える。
これって、超大事。

・余計な一言は言わない
日本人同士だったら余計なことまで言ってしまうことがある。
しかも、お互いその余計な一言が理解できてしまう。
でも、余計な一言は意外に英語やその他の言語で伝えるのが難しい。
「それ、全部言ったらまずいだろ。。。」と思うことが
逆に、伝わらなくて大正解ということもある。
つまり、「言う必要のないことまで言うことはない」ということ。

・相手を良く評価し、許し会う。
例えば、つたない英語で相手に失礼になるようなことを言ったとする。
でも、「NORIは英語が母国語じゃないから。」
「本当はそんなことを言いたいんじゃないと思う。」
「それしか単語が思いつかなかったんだよ。」などなど良い風に考えてくれる。
で、許してくれちゃう。


まだまだ、いっぱいあった気がするけど
今思いつくのはこんな感じ。


これって、日本人同士でも大事なことだなぁ。
なんて思ったりしてます。


相手の話をちゃんと聞かない。
  ↓
こりゃいかん。
日本語同士でも相手の話をきちんと聞くことは大事。
でも、普段の会話で意外に簡単に人の話の腰を折っている自分に気付く。。。
結構、難しいんですよ。
人の話を「だまって」聞くっていうのは!

「ありがとう。」
  ↓
日本人は、どんなに英語の苦手な人でも
外国に来ると「Thank you! Thank you!」を連発する。
つまり「Thank you!」がいかに大事な言葉であるかを知っている。
にもかかわらず、奥さんとか彼女とかにはなかなか言えない人が多い。
「ありがとう。」って、言われて悪い気は決してしない言葉の代表。
ちょっと、今日、「ありがとう。」って言ってみる?

余計な一言
  ↓
「何でも話せる仲」でも、相手を傷つけるような一言は
言う必要がない気がする。
でも、ポロッとでちゃうのよね。
余計な一言って。。。
今日から、KAZUと英語で会話しよっかな。
英語でポロッと出るようになるまでは当分かかるので、
しばらくは平和かな。

相手を許すこと。
  ↓
これも、超大事。
そもそも、カップルと言えども全く別々の個人なんだから
文化も違えば好みも違う。
人間だから間違うこともある。
でも、難しいのよね「許す」って。


国際カップルだからこうってわけではなく
日本人同士のカップルでも上手くいってるカップルって
この「基本」ができているんじゃないかなあ。
ただ、今回は、日本人同士だと見えにくかった事が
国際カップルを観察することで見えてきたって感じ。

NORIはこれらのいくつかは既に導入済み。
一応、仲良しバカップルで通ってます。
他のも新規採用しよっと!

ぜひ、採用してみてくださいませ。
取り合えず、今日「ありがとう。」って言ってみる?
スポンサーサイト

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/25 10:26】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<6日たったからご報告 | ホーム | 辞書で調べる事のできない英語>>
コメント
どれもこれも当たり前のことではあるけれど、長年一緒にいると全てちゃんとできていない気がします。。。
今日から私も気をつけてみようっと!!
特に「余計な一言は言わない」
ついつい言い過ぎてしまうのですよね。
【2006/04/26 02:57】 URL | chikako #-[ 編集]
はじめまして!でもないかな。。。
先日はコメントありがとうございました☆

そうですね、
すごく大事なことだとおもいます。
カップルに限らず人間関係において必要なことですよね。
「ありがとう」
って、簡単なようでなかなか言えないことばだったりします。特に親に対して。
いつかは伝えます(笑)
【2006/04/29 18:39】 URL | zun #-[ 編集]
どれもこれもわかってはいるけど、改めて文章で読むと、眼からうろこな感じです。
これらのことって、zunさんも書いていらっしゃいますが、友人とか家族とかにも、すごい大切なことだよね。
個人的には以前から『ありがとう』は、心がけています。
仕事の場とかでも、このひと言があるだけで、気持ちが全然違うんだよね。職業上、人をまとめるような立場になりがちなんだけど、やっぱり自分ひとりじゃいい仕事は出来ない。だから、仕事を頼んでやってくれた人に『ありがとう』、夜遅くまで手伝ってくれた人に『ありがとう』。
カップルとしても応用したいところだが、・・・彼女がいなぁい!
【2006/04/30 18:34】 URL | PON #7O5ePnnY[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/04/30 19:48】 | #[ 編集]
To : Chikako さま

「ついつい言い過ぎてしまうのよね~。」って。。。
是非、NZにいらっしゃいませ。
この国の「朗らかさ」「おおらかさ」(「いい加減さ」ともいう)が
「まぁ、いっか・・・」という気持ちにさせてくれます。

腹を立てても「ムダ」なことが多いので・・・
例えば、バスが時間通りに来ないとか、
電話や雨漏りの修理に来てもらっても1度では直らないとか
(5回でも直らないけど・・・)

ちなみに、私も随分NZに来てから「穏やか」というか「いい加減」になりましたよ。


To : zun さま

私なんて、NZに来てからKAZUや自分の両親には
心配かけっぱなし、お世話になりっぱなしで
「ありがとう」ばかりを言っている気がします。
かなり「乱用」しておりますが・・・
結局、この言葉が最も適切だし、
色んな気持ちを一語で表現してくれるのよね。

自分がいつか親になったとき
今まで親が自分達にしてくれたようなこと
子供にやってあげれるかなぁ~。
なんて思うと、益々「ありがとう。」って思う。


To: PON さま

上に立つ人が「ありがとう。」を言える人かどうかは重要です。
人の大きさがそこに見える気がします。(特に日本では)
企業戦士をしていた頃、自分のなかで
結構シビアに上司を自分なりに評価していたなぁ。
幸い、私をのびのび働かせてくれる上司ばかりに巡り合った気がする。
ある上司は「ありがとう。」と「よくやった!」を上手に使う人で
それだけで、私も「よし!頑張ろう!」と単純に頑張ったもんなぁ~。

PONさん、偉くなっても忘れないでねその気持ち!

で、彼女に「ありがとう。」って言う日が来たらご報告下さい。
【2006/05/01 06:53】 URL | NORI #sEzhmgRA[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norinosteps.blog60.fc2.com/tb.php/19-dc5013ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。