Steps
英語の勉強・永住権取得までの道のり・サルサダンスなど様々な「Step」をテーマに、ニュージーランドでの出来事を思いのままに綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
国際カップルから学ぶこと
ニュージーランド在住というだけあって
「国籍を超えてお付き合いしているカップル」
と知り合う機会があります。

そんな、彼らを見ていると
仲良く、良い関係が築けるかどうかは
「日本人同士だから」とか
「日本人と外国の方のカップルだから」とか
が問題ではないような気がするなぁ。

共通の価値観や常識を持つ日本人同士でもうまくいかないこともある。
文化の全く違う人同士が仲良く一生を添い遂げることもある。

なぜ?

日本人と外国人のカップルを見ていて
大事なことに気が付いた。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/25 10:26】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(5) |
辞書で調べる事のできない英語
「辞書で調べる事のできない英語」というのがある。

「辞書に載ってない単語」ではなく。。。

日本語での名称や表現が分からない場合
日英辞書でひく事は不可能のような気がする・・・
つまり辞書でひきたくても日本語が分からないから
「辞書で調べる事のできない英語」というもの。

夕方、公園を歩いていて小さな虫の群れに遭遇する事ありませんか?
その群れが自分に付いて来て、頭の上をブンブン飛びまわられた経験はありませんか?
街灯の下に「蚊」や「蛾」ではない小さい虫が
ウヨウヨしてるの見たことありませんか?

実は、私、この「虫」の名前(日本語)を知らなかった・・・
続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/24 10:57】 | 英語・翻訳 | トラックバック(0) | コメント(7) |
ニュージーランドで日本の政治
実は、ニュージーランドに来てから
「小泉内閣メールマガジン」を読んでいます。

これが、意外に面白い。
(面白くない記事もあるけど・・・)

日本に居たときは「政治」は他人事っぽかったな。。。
誰が選挙で当選しても大きく人生が左右されるわけではなく
直接私の生活に影響を与えるのは
「選挙運動の騒音」ぐらいと思ってました。
しかも、政治は「東京」で行われているというイメージも強いし。
北海道に住んでいた私は
選挙には行っても何かが変わることを特に期待していたわけでもなく
自分が社会に特に大きな影響力を及ぼすことができるわけでもなく
まぁ、自分が生きることに精一杯だったこともあり
結局、関心は薄かったかな。

昨日のメルマガで
日本でちょっとした取り組みをしていることを知りました。
私的には面白かったのでご紹介します。
続きを読む

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

【2006/04/21 06:16】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ラテンアメリカンフェスティバル3
4月16日。

フェスティバル最終日。

朝一のワークショップ。
「CONGAS FOR BEGINNERS」を取る予定が満員御礼。
参加できず。ぐすん。

David、Anto、KAZUと私でカフェでおしゃべり。
その後、DavidとAntoはサルサのアドバンスクラスへ。
私達はロトルアの湖のほとりを散歩。

この日は、私達はサルサの初級・中級の2つのワークショップを取っただけ。

続きを読む

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/19 10:00】 | サルサダンス | トラックバック(0) | コメント(2) |
ラテンアメリカンフェスティバル2
4月15日は私的に「JAMBALAYAで最もエキサイティングな日」でした。

16:30からニュージーランドNo.1を決めるサルサの大会が
19:00からオーストラリアやキューバから招いたすごいダンサー達のショーが・・・

サルサは踊るのも楽しいけど見るのも良いかも。
続きを読む

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/19 05:29】 | サルサダンス | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラテンアメリカンフェスティバル in ニュージーランド
行ってきました「JAMBALAYA」。
ニュージーランドで最大のラテンフェスティバル。
4月13日~16日の4日間に渡る一大イベント。
ロトルアでラテンアメリカの分化にドップリ浸かって来ました。

13日は前夜祭 → 仕事があったため参加できず。

KAZUと私は14日の5:00a.m.にオークランドを出発。

「JAMBALAYA」では、サルサなどの様々なラテンダンス
ラテンアメリカの音楽に重要な楽器(パーカッションなど)
ハカやクックアイランドのダンス
さらにはアフリカのダンスや楽器など
沢山のワークショップが準備され色んなレッスンが受けられます!!!

続きを読む

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/18 10:56】 | サルサダンス | トラックバック(0) | コメント(0) |
ついにガソリンの値段が・・・
昨日、ガソリンを入れました。

なんと、$1.62/リットル!

$1=75円で単純に計算すると121.5円/リットル。

日本では「普通ジャン。」と思うかもしれませんが
お給料が日本ほど良くないので痛手が大きい。

さらに、値段の上がり方がハンパじゃない。。。
私がニュージーランドに来た2004年7月のガソリンの値段は
続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/13 18:29】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(1) |
翻訳業もどき
今、健康食品の会社で「翻訳」らしき仕事をしています。
健康食品にまつわる科学的論文や
健康食品を使用した補完医療に関する雑誌
学術集会の記録集、学会誌など

翻訳らしき事をしてはいるけれど
「翻訳家です。」と胸を張れるには程遠い。。。

「山あり谷あり」のほうが、まだマシ。
「谷」に突き落とされたまま、這い上がってこれない状況かな。
続きを読む

テーマ:語学 - ジャンル:海外情報

【2006/04/12 10:25】 | 英語・翻訳 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ニュージーランドで音楽
今、日本ではどんな音楽、歌手がはやっているんだろう???
ネットでニュースを良く読むけど
「音楽・エンターテイメント」の記事には、既に知らない歌手の名前がズラリ。
倖田來未?KAT-TUN??誰???
モー娘の名前?全部言える訳がない!

先日、「シャ乱Q活動再開!」という記事にホッとしてしまった。
「あーっ。知ってる名前だ!」って。
(あっ、年バレル・・・)

最近、ニュージーランドのC4というTVチャンネルをよく見てます。
C4は、主に「音楽」をずーっと流している番組なのですが
日本人歌手の音楽に出会う事はまずない。。。
「サザンでも流してくれないかな~」なんて思ったりして。
(もう年バレた?)

で、C4で流れる音楽はもちろん英語。
でも、不思議なことに
歌詞がわからなくても「なんかこの曲いい!」と思うことがある。

そんな歌手を1人見つけました。
続きを読む

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【2006/04/10 10:18】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(3) |
心温まるできごと
昨日、私が住んでいるフラットでパーティーがありました。

オーナーが知人を呼んでパーティーを開き、私も参加。
そのパーティーにはオーナーの彼とその妹さん家族も参加し
賑やかな楽しいパーティーでした。
オーナーの彼とその家族は南アフリカ人。
オーナーの知人は日本人や台湾人、スウェーデン人など、
国際色豊かなパーティーになりました。

ここで、心温まるできごとが一つ。




続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/09 08:30】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(4) |
永住権申請に必要なもの
ニュージーランドの永住権を取得する際に必要なもの。

 「忍耐力」

 「英語力」

 「友人」

なんて、私は思っています。

その理由は・・・
続きを読む

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/07 10:25】 | 永住権 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ニュージーランドの利子
ニュージーランドの良いところ。


「銀行や郵便局の預金に対する金利(利子)が高い!」


3月下旬「日本の大手銀行、定期預金金利、相次ぎ引き上げ!」というニュースを読みました。

大手銀行各行が定期預金のうち1年物以上の金利を3月22日から引き上げるとのこと。

引き上げ幅は
「1年物は0.03%から0.05~0.06%へ。」
「1000万円未満の2年物は0.04%から0.08~0.09%へ。」

???

「小数点第2位?」

これで良いの?日本の銀行さーーーん!!!

NZの金利は・・・
続きを読む

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/06 17:01】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(4) |
ニュージーランドの薬の量
2006年1月下旬、KAZUが「巨大ガングリオン摘出」のため1泊2日で入院。

日本で病棟薬剤師をしていた私はNZの医療、特に薬物療法に興味津々。

少し、日本の医療の現場を知る機会があっただけに
日本との違いに「本当にこれでいいの?」とすぐ動揺。
手術をするKAZUよりドキドキしてて、全く頼りにならない付添いでした。

いろいろ「日本と違う!」と思うところはありましたが
今回は薬物療法について比較してみました。

続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/05 18:48】 | NZの医療 | トラックバック(0) | コメント(4) |
永住権(英語力試験:IELTS)
永住権の申請の際には
「ある程度の英語力」があることを証明しなければなりません。

いくつか英語力を証明する方法はありますが
最も一般的な方法はIELTSという英語の試験を受けること。
2006年4月現在では、最低でも「General Module」で平均6.5ポイントが必要です。
「Academic Module」で6.5以上でも良いのですが
「Academic…」は留学の際に必要とされる試験で「General…」より難しい。。。

永住権申請に必用な「IELTS」とは?
続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/05 16:42】 | 永住権 | トラックバック(0) | コメント(2) |
サルサダンスを始めた理由
サルサダンスを始めて約1年半。

今では、週3回はレッスンやバーに行って踊る毎日。
最初は「絶対、俺はやらない!」と言っていた旦那も
ロトルアで開かれた「ジャンバラヤ」というラテンフェステバルに強制連行したところ
ラテンダンスに魅了され、今では「サルサ、バカップル」です。

そんな私がサルサダンスを始めたきっかけは
実は「英語」。
続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/05 05:13】 | 英語・翻訳 | トラックバック(0) | コメント(2) |
イミグレ(移民局)の仕事
今日、イミグレのホームページで
自分の永住権の進行状況をチェックしてみました。

「Application Received」つまり「申請書類は受理しました。」
とのお知らせは先週の木曜日と変わらず。

でも、「ん?何か変!」
パスポートナンバーやビザの情報(有効期限や取得年月日など)が
全て夫の情報に変わっちゃってるではありませんか!
おそらく、永住権の申請書類提出の際
私のパスポートと夫のパスポートを一緒に提出したので
間違って夫の情報を載せちゃったのだと思いますが、あまりにお粗末。
イミグレのHPで自分の情報画面に入るのには
個人情報の管理のためIDとパスワードが必要にもかかわらず
自分の画面で他人の情報が見れちゃうって・・・

早速、イミグレにメールしました。

今回は夫の情報だったので大きな問題にはなりませんでしたが
他人の情報だったら笑い事じゃないなあ。と思ったりして。。。

「NZらしい」と心穏やかにいられる私って。。。
私もNZ化してきてる証拠かも。

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/04 10:07】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) |
永住権(Skilled Migrant Category)
私がワーキングホリデービザ、夫が学生ビザでNZへ入国。
さて、その期間が切れたらどうやってNZに滞在するか・・・

私はワーキングホリデービザが切れる前に仕事をGET。
幸いにも、その会社からワークビザのサポートをしてもらい、1年のワークビザをGET。

夫は当時週15時間まで労働可能だった学生ビザを利用し
専門学校に行きながら某ホテルでアルバイト。
その仕事ぶりが認められ、学校卒業後そのまま正式採用となり、2年ワークビザGET。

はてさて、このビザが切れるとき・・・
また、出産などで仕事ができなくなったとき・・・
ビザの延長やビザの切り替えなどなど、ずーっと付きまとうことに。
2年以下のビザであれば約20%の所得税(私の給料でですが)を支払っても
NZの福祉が受けられるわけでもなく、出産費用も自費とのこと。
学費も留学生は永住権保持者の3~4倍。NZ国民や永住権保持者との「差」は歴然。

よ~し、永住権取るぞ!!!!!!!!!
続きを読む

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

【2006/04/04 05:00】 | 永住権 | トラックバック(0) | コメント(2) |
国民性 or 個人の性格?
最近、「釣り」に目覚めました。

NZではフラッティングと言って
1軒屋やマンションを数人で共同で借りるというスタイルが一般的です。
1つの家にいろんな国籍の人が共同生活したりして
多くのことを学ぶことができます。
私の現在のフラットメイトは全て日本人なのですが
そのボーイフレンドや友人が遊びに来たりすると人種のルツボと化します。

日本人のオーナーも一緒に住んでいるのですが
彼女のパートナーが釣りが非常に上手。
2人はよく一緒に釣りに行き、その日のエキサイティングな出来事を楽しそうに話してくれます。

私も夫も「何でも取り合えずやってみるタイプ」なので
道具も何もなく、釣りの「ツの字」も知らないのに
2人にくっついて釣りに行くようになり・・・

「釣りって面白い!」

釣れたらもちろん興奮するけれど、
理由は分からないけれども、釣れなくても面白い。

旦那は道具を買ったり、本を読んだり、友人に釣りのスポットを教えてもらったり
積極的に「釣り」にはまっておりますが
私は、そんな夫の「応援団 兼 野次馬」にはまっております。

ところで、4月1日ミッションベイ近くの桟橋に釣りに行った時のことです。
結構、多くの人が釣りを楽しんでいました。
国籍は、日本人、韓国人、中国人、マオリ、インディアンetc.
そこで、1人のオジサンのビニール袋が宙に舞って海へ。
最初は、「アッ、ビニール袋飛んでっちゃった!」と思っていたのですが
その後、オジサンが場所を移動しようとしたとき
足で、自分のゴミを全部海に蹴って捨ててた。。。
つまり、ゴミを海に「ポイ」です。
「えーーーーっ」と思ってしまいました。

私には中国人の友人がいますが
彼は非常に礼儀正しく、決してこのような事はしないと思います。
だから、今回は彼がたまたま中国人であったと信じたい。

NZで生活していると「日本人は・・・」「NZ人は・・・」と国民性がよく話題になります。
私が何かした時、「NORIが・・・」ではなく
「ある日本人が・・・」「日本人の友人が・・・」と表現される事もあり
日本人の評価が下がらないよう、自分の行動には注意したいなあと思っています。

自分が小さいこるに当たり前のように教えられてきた
「他人に迷惑をかけない。」「公共の場は汚さない。」
「時間に遅れない。」「約束は守る。」など
今、非常に役に立っている気がします。


テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

【2006/04/01 17:15】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

NORI

Author:NORI
KAZU(夫)がホテルマンを目指しニュージーランドでホスピタリティーを学ぶために脱サラ。夫婦は運命共同体!何のためらいも無く、私も2004年7月日本を離れニュージーランドへ。2人とも仕事もし始め少しずつ生活は落ち着いてきているけど・・・

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

「Steps」訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。